臨床研修医募集 研修スケジュール
1年次(平成29年4月~平成30年3月)
1年次スケジュール

【※注】

  1. 研修開始前に当院規定の入社時オリエンテーション(全職種対象)を3日間行う。その後、内科研修開始後に、当院の診療録運用方法、電子指示入力方法、画像配信システム運用方法、処方箋発行手順等について、適宜1週間程度のオリエンテーションを行う。
  2. 救急部門の研修は1年次に2カ月、2年次に定期的日直・宿直勤務・南加賀急病センター出向で1カ月、計3カ月とする。
  3. 選択必修科目は、外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神神経科から2科目を選択し、それぞれ2カ月履修する。
  4. より多くの経験目標を達成するため、外科―麻酔科、小児科―産婦人科と関連の深い診療科目を組み合わせ、2カ月のうち2週間を関連診療科の研修にあてる。すなわち、外科選択では2週間の麻酔科研修を、麻酔科選択では2週間の外科研修を、小児科選択2週間の産婦人科研修を、産婦人科選択では2週間の小児科研修を行う。
    ただし、精神神経科を選択した場合、外科―麻酔科または小児科ー産婦人科の組み合わせで選択した場合は、それぞれの科目を2カ月履修する。
スケジュール例

2年次(平成30年4月~平成31年3月)
2年次スケジュール

【※注】

  1. 選択科目は、循環器内科・消化器内科・内分泌代謝内科・腎臓内科・血液内科・外科・小児科・産婦人科・精神神経科・整形外科・脳神経外科・放射線科・泌尿器科・眼科の科目の内から、1科目1カ月以上を選択する。何科目でも選択可能である。
  2. 選択科目履修中に、1カ月に相当する救急部門の研修として、月1回の休日日直診療、月1回の夜間当直診療、月1回の南加賀急病センターでの小児救急診療を行う(3日×11カ月=33日)。
  3. 11月に到達目標の再履修期間を設ける。未達成の到達目標があり、今後履修の機会がないと判断される場合は、必要な科目の再履修をこの期間に行う。
    未達成の到達目標がない場合は選択科目を履修する。
    また、この期間を利用して、2週間の沖縄県での離島医療の研修が可能である(希望者のみ)。